Pluto // 「心の痛みや、他の人と共有するのが怖い感情を表現できればと思っています。」

前回のインタビューからかなり時間が経ちましたが、今回は少し違う内容で 2024 年のスタートを切りたいと思います。 このインタビューでは、ボーカリストの蒼月 (つずき) とギタリストの螢 (けい) に、彼らのバンド Pluto についていくつか質問しました。これは、私が個人的に彼らが存在する「短い」期間のほとんどを追いかけてきたプロジェクトです。

Plutoは2022 年の中頃から後半にかけて結成され、その直後にファースト シングル「KILL ME SLOW」がリリースされました。
「KILL ME SLOW」は間違いなく彼らの代表曲ですが、これが彼らのこれまでの唯一のリリースではないことは明らかです。(私は狂っているかもしれない、でも私はそこまで狂っていない…ですね?) 1stシングル収録曲「horizon」は、Nintendo Switch用ゲーム「9R.IP」』のオープニングテーマに決定。 これが「eternal」と「Memories」の制作につながりました。後者はギタリストの螢 (けい) による作曲です。

2023 年 9 月から Pluto はその年の残りの期間毎月新曲をリリースし、この曲のコレクションで彼らのサウンドの両面を示しました。 それは、人々にチャットを求めるのに十分な理由だと思いませんか?

さて、私からのプレゼンテーションモードはこれで十分です。 彼ら自身が何と言っているか見てみましょう!

※このインタビューで言及されている曲はすべて、各曲の YouTube バージョンにリンクされています。 紫色の曲名が表示されている場合、それがリンクされたバージョンです。
さらに、グループの Spotify および Apple Music アカウントもこのページの下部にあります。

 

「激しさと美しさを共存させるバンドを目指します」

質問に入る前に、まずインタビューを読んでいる皆さんに自己紹介をお願いできますか?
蒼月: PlutoのVocal 蒼月(つづき)です。よろしくお願いします。
螢: PlutoのGuitarの螢(けい)です。宜しくお願いします。

まず最初に、Pluto全体について少しお話したいと思います。 あなたの作品の背後にあるアイデアについて少し教えていただけますか?
蒼月: ラウドロック、オルタナティブミュージックを中心に激しさと美しさが共存するバンドを目指します。
心の痛みや人に伝える事が憚られる様な感情を音にする事が出来たらなと思って活動しています。

言葉にするのが怖い感情を作品で表現するのですね。 初めてあなたの作品を知ったとき、私はあなたの音楽はもちろんですが、あなたの名前にも惹かれました。 なぜPlutoという名前を選んだのですか?
蒼月: 冥王星って意味です。太陽系から外れた事に因んで仲間外れの為の音楽という意味で名付けました。

音楽の話題に続けますが、曲のインスピレーションはどこから得ていますか? あなたの作品にインスピレーションを与えているアーティストはいますか?
蒼月: 私が聴くアーティストで言うと、海外からはEvanescenceとMarilyn Mansonに一番影響を受けていますが、日本からはlynch.と the GazettE に特に影響を受けていると思います。
螢: 海外のバンドだと、私の場合はNirvana、METALLICA、Marilyn Mansonです。 国内ではhideとlynch.をよく聴きます。

蒼月さんの作品には、また別の影響が感じられる気がします。 あなたのボーカルのいくつかは、まだMEJIBRAYで歌っていた頃の綴のスタイルをよく思い出させます…
蒼月: もちろんMEJIBRAYも聴いていました。 彼のデスボの多才さはすごいと思います。 だから、彼らは私にも影響を与えたと思います。

これまではメンバー2人とライブ時のサポートメンバーだけのバンドでしたよね。 デュオでいるほうが楽ですか、それとも将来的に他のメンバーも歓迎しますか?
蒼月: 良いメンバーがいたらぜひ歓迎したいと思います!
螢: 深くは考えてないです。 一緒に働きたいと思っている人がいる気がします。

 

社会の歯車 生きていくことの困難と葛藤

これまでのところ、2022 年に公式シングル「KILL ME SLOW」を1枚リリースしています。 このシングルに収録されている3曲について少し教えていただけますか?
蒼月: 「KILL ME SLOW」は、この世界で生きることの難しさや葛藤を描いた作品です。 それは歌詞にも込められています。
「RAVEN」は社会の歯車の一部になれない人間の心情や怒りなど。
「horizon」は大切な人を無くしてしまった思いを歌に込めました。

「KILL ME SLOW」にはミュージックビデオもあります。 このビデオの思考プロセスについても教えていただけますか?
螢: 『KILL ME SLOW』のタイトル通り、ゆっくりと殺されていく感覚は、自分の人生感覚にとても似ていました。 だから蒼月さんから曲のタイトルを聞いたとき、ミュージックビデオにもストーリーがあるんだろうなと想像しました。
街の雑踏、仕事、時間にゆっくりと殺されていく感覚を感じてもらえたら嬉しいです。 サポートメンバーと一緒に演奏してもらったほうが、この曲のインパクトがより強くなるだろうと思ったので、ビデオには蒼月と私だけではなく、私たち4人が演奏しているのです。

 

Pluto // KILL ME SLOW (MV)

 

horizon」はこのシングルだけに収録されているわけではありません。 Nintendo Switchゲーム『9R.IP』のオープニングテーマにも選ばれましたね。 そのコラボレーションはどのようにして実現したのでしょうか? それは私に言わせればかなり大きなことですから!
蒼月: 「horizon」を聴いてもらった時にピンときたみたいで是非この曲を主題歌にとお話を貰いました!

他の 2 曲はこのコラボレーションから生まれ、すべてこのゲームのサウンドトラックに収録されているだけでなく、独自のシングルとしても収録されています。 「eternal」と「Memories」の裏話を教えてください。 それぞれが1曲ずつ作曲したんですよね?
蒼月:eternal」 に関しては僕の作曲で「horizon」のアンサーソングとして作りました。
「horizon」は旅立たれる側「eternal」は旅立つ側という風にお互いの歌詞が噛み合う形でOPとEDの対比を描きたかったです。
螢:Memories」 は自分で、エンディングなのは決まって居たのでストーリーをイメージして作りました。

 

「あなたはとても美しいのに、なぜ私はこんなに醜いのですか?」

このインタビューが公開された時点で、昨年8月のバンド結成1周年時に発表された4か月連続リリースのスケジュールが終了しました。 これらの曲はすべて新しい作曲で、「Banshee」という曲からスタートしましたね。 なぜこの曲の題材としてバンシーを選んだのですか?
蒼月: ご存知かもしれませんが、バンシーは死にかけたときに代わりに泣いてくれるモンスターです。 その話を知ったとき、この曲を書こうと思いました。 切羽詰まったときに「私がいなくなっても誰も悲しまない」とか言う人もいると思うので。 しかし、このバンシーはそうではないというメッセージを伝えています。

「Banshee」は他の曲と比べて、歌詞に日本語よりも英語が多く使われています。 この曲のストーリーや感情は英語の方が表現しやすいと感じましたか、それとも別の理由でこの決断をしたのでしょうか?
蒼月: 理由は、この曲の仮音楽を選んだときに、単純に英語のほうが楽かなと思ったからです。 もう一つの理由は、言葉を直接日本語で歌うのではなく、英語を使って言葉の意味を濁すことが多いからです。

シリーズの 2 番目の曲は、最初の曲とはまったく異なる方向性を持っています。 「九月の桜」はバラード曲ですが、ちょっとダークなストーリーもありますよね。
蒼月: 「九月の桜」は、憧れの人と自分自身の評価や境遇との対比を嘆く感情の歌です。 「あなたはとても美しいのに、なぜ私はこんなに醜いのですか?」
桜は通常4月に咲きますが、この曲では9月に咲く狂桜をモチーフにしました。 10月に発売した理由は特にありませんが!

11月は「Discord」の番になりました。 映像も曲自体もライブを意識して作られているように聞こえますが、ここにもちょっとダークなテーマが絡んでいて……
蒼月: 「Discord」では、まずLIVEで楽しくワイルドな曲を目指しました。 歌詞的には、どうせ相手はあなたの理想を叶えてくれないよ、という内容です。 だから、他人に何かを期待するのはやめて、自分が幸せになれることだけをやるべきです。
雪: これは多くの人が自分の生活の中で認識していることだと思います。 したがって、たとえその音がすべての人の心に響くわけではないとしても、その背後にある意味は何らかの形で確かに響くのです。

最後は「SURRENDER」。 そして、今回はかなり話題を選んだんですね?
蒼月: 「SURRENDER」は不倫についての曲です。 そして、自分が悪い事をしているにもかかわらず、自分を正当化する人もいると思います。 そして最終的にヒステリックになるのは彼らです(笑)。
しかし、その人にとって、それは自分が感じた感情がすべてであり、論理的に何が正しいかは気にしません。 彼らはただ不満を晴らしたいだけなのです。
この曲はそんな人たちへの皮肉な曲です。

 

「今の時代CDを聴く方が難しいなと思います」

このインタビューが行われている時点で、これまでのあなたのすべての曲を正式にカバーしました。 しかし、そうすると次の疑問が湧いてきます。それは、「あなたの音楽はどこで見つけられますか?」ということです。 物理的な CD をどこかから注文することはできますか?
蒼月: 基本的にCDのプレスは今考えてなくて物販にも置いてないです!
今の時代CDを聴く方が難しいなと思うのでデジタルでのストリーミングやYouTube等の動画配信を中心に考えています。

「Pluto」という名前は、ストリーミング サービスで見つけるのはちょっとした悪夢です。なぜなら、同じような名前のアーティストが他にもたくさんいるからです。 インタビュー後、ストリーミング サービスにリンクさせていただきます。 でもそういえば、今後のあなたの活動について最新情報を知りたい場合、どのような方法が最適でしょうか? 結局、Pluto にはまだ独自のウェブサイトがありません。
蒼月: 最新情報を入手する方法をお探しの場合は、公式 Twitter/X アカウントと個人メンバー アカウントが現時点で利用できる唯一のアカウントですので、ぜひチェックしてください。

これが私の最後の質問になることを発表するのは少し悲しいです(現時点では、将来的にフォローアップできるかどうかは誰にもわかりません!)。 このインタビューを何で終わらせたいですか?
蒼月: 2年目も頑張ります! ぜひサポートをお願いします!
螢: : 2年目も頑張っていきますので、もし皆さんが私たちの作品を聴いて気に入っていただけたら、ぜひライブにも来ていただけたら嬉しいです。
雪: そして、先ほど記載したように、これらのライブ情報やその他の情報は、バンドおよびメンバーのTwitter/Xアカウントで見つけることができます。 😉

 

フォロー Pluto

Pluto


蒼月
(Tsuzuki)
🎂 01/29





(Kei)
🎂 04/13




 

雪(ゆき)は、Arlequin Magazine & Photographyの所有者であり原動力です。
彼女は2009年にArlequin Photographyの写真家としてスタートしましたが、ジャーナリズム、翻訳、舞台裏の仕事への関心が高まっているため、プロジェクトは2021年に、Arlequin Magazineの追加によって拡大しました。

雪(ゆき)はオランダ語を母国語とし。MagazineとPhotographyの両方の英語とオランダ語のセクションを維持し、オリジナルのコンテンツ、翻訳、写真、および両方のWebサイトの舞台裏のすべての作業を行っています。
彼女はオランダ語、英語、日本語、ドイツ語を話します。

コメントを残す