DEVILOOF // DAMNED: のろわれた者に希望はありますか?

DEVILOOFは昨年、新作EP「DAMNED」のリリースを発表したが、今回は単なる新作ではない。このEPは彼らのメジャーデビュー作でもあり、レーベルTokuma Japan Communicationsより制作された。
当初のリリース日は 3 月 1 日に予定されていましたが、ボーカリストの 佳祐の喉と声の不快感が続いたため、4 月 19 日に延期されました。しかし、グループは2 月 10 日に「Damn」のミュージック ビデオの小さなプレビューを予定通りリリースしました。これにより、当時の完全なリリースを明らかにすることなく、小さなプレビューを提供する機会が彼らに与えられました。

EPには2つの異なるバージョンがあり、「first edition」には、2022年のツアーのドキュメンタリー映像と、「Damn」と「False Self」のミュージックビデオとオフショットを収録したDVDが含まれています。そして、5曲入りCDのみを収録した「通常盤」。
「first edition」とロングスリーブTシャツを合わせた第3弾の「Special Edition」もTokuma Japan Communicationsのウェブサイトから受注生産として販売された。現在、このリリースを入手するには、中古で入手する方法しかありません。

このレビューでは、リリースの通常版 (2 つのミュージック ビデオを含む) に限定します。これは、このバージョンが、トピックから大きく外れずに話をするのに最も興味深い素材を備えていると考えているためです。
始める前に、1 つの質問を提示したいと思います。のろわれた者に希望はありますか?

 

“If you gaze long enough into an abyss, the abyss will gaze back into you”

EPは「Damn」で始まり、今年の2月10日にミュージックビデオがYouTubeチャンネルでリリースされ、今後のプレビューとして公開されました。「Damn」は佳祐が作詞・作曲を担当し、ミュージックビデオの“ストーリー”も佳祐の手によるもの。これにより、歌詞はすべて英語で書かれ、DEVILOOF でおなじみのスタイルと雰囲気がこの曲に与えられます。 これは、この寒い世界で自分の本能に従い、自分の行動をコントロールするという群集心理のメッセージを表しています。 外国人リスナーにとっては、英語の歌詞のおかげで少し理解しやすくなっています。
ミュージックビデオのステージは、柵で作った「檻」の中で演奏するバンドと、太い鉄線が張り巡らされたオープンスペースのため、シンプルでかなりグランジっぽい。腐敗や世界が悪事に目をつぶるという暗いテーマは、このEP全体に共通するテーマであり、「Damn」のミュージックビデオはすでに視覚的に非常によく強調されています。

 

DEVLOOF // Damn (MV)

 

The Blackened Sun」は太輝が作詞・作曲を担当し、前曲同様歌詞も英語。その前の「Damn」と同じように、「The Blackened Sun」は、私たちが長年見てきたおなじみの DEVILOOF スタイルを具現化していますが、1 つの例外があります。それはボーカルです。これが DEVILOOF の曲だと言われていなくても、ボーカルを除いて、疑わしいほど DEVILOOF のように聞こえると言っていただろう。このスタイルが意図的に選択されたのか、それとも佳祐の喉の問題の結果なのかは推測するしかありませんが、構成にポジティブなものを追加していないように感じます。
EPの2曲目でも「個性」「自分の意見を持つこと」「群れのメンタリティ」というテーマが復活。「Deprived of their own knowledge, people forgot how to judge right from wrong」(自分の知識を奪われ、人々は善悪を判断する方法を忘れた)や「Stop dragging others into your own twisted truths」(他人を自分のねじれた真実に引きずり込むのをやめなさい)(などの歌詞は、どちらも歌の同じ詩から引用されていますが)カバーされている出来事への明確な言及です 毎日ニュースで。

3曲連続の歌詞を完全英語で締めくくるのが、太輝とRayのコラボ曲「Afterlife」。この曲は「腐敗」と「罰」をテーマにしていますが、その背後には「群れのメンタリティ」というテーマが残っています。歌詞は「Damn」や「The Blackened Sun」よりもシンプルな形式で提供されていますが、メッセージは非常に明確です。世界はまだ私たちの周りで燃えており、自分の行動に対する罰は常に正しい方法で提供されるとは限りません。

アルバムの最後から 2 番目の曲は「Terpsichore」のために予約されており、最初に聞くと、単にボーカルが欠落した曲のように聞こえます。おそらく時間の制約のために解体されましたか?
さて、「テルプシコーレ」は、実はギリシャの宗教における 9 つのミューズのうちの 1 つです。 具体的には抒情詩とダンスのためのもの。一部のバージョンでは、彼女はフルート奏者のミューズでもありますが、これら 3 つの要素はすべて、通常 DEVILOOF とその作品から連想するものではありませんね。耳を澄ませば、Rayと愛朔(あいさく)のギターがフルートの音に似ているのに、ギターとフルートは全く別の楽器で、違う音を出す。
それはこのアルバムにフィットする?正直なところ、Noです。それは EP のおもしろいペースの変化ですか (ヴォーカルを含めないという土壇場での決定がなされたように聞こえますが)? 「DAMNED」の一部としてではなく、別の文脈でそれを見たとしても、私たちはそう言うでしょう。

EPを締めくくるのは「False Self」で、英語の歌詞の次に日本語も使用されている唯一の曲です。再び佳祐によって完全に作詞・作曲された「False Self」は、実際には 2 つのボーカルを使用しており、1 つはギタリスト Ray によって提供されています。
EPの最終曲も、前曲のタイトルに若干暗示されていた「抒情詩」に少し絡む曲。 結局のところ、日本語はメンバーの母国語であるため、より創造的な自由と言葉遊びが可能です。ほんのわずかだとしても、ここで話しているのは DEVILOOF であり、Versailles (抒情詩にもっと焦点を当てている) のようなものではありません。
2 番目のミュージック ビデオは、ご存じのとおり、このトラック用に用意されたもので、最初は「Dusky-Vision」2.0 のように見えますが、ここが少し間違っています。両方の曲のテーマは大きく異なります。「Dusky-Vision」には、絶望と希望の歌詞が組み合わされており、「False Self」は「Damn」、「The Blackened Sun」、「Afterlife」のテーマに完全に溶け込んでいます。 「個性の感覚」や「群れのメンタリティからの脱却」などをテーマにした「False Self」は、「Dusky-Vision」とはまったく似ていません。視覚的に言えば、それはDEVILOOFの外見の大幅にトーンダウンされたバージョンであり、「Damn」とはほとんど反対です. (繰り返しになりますが、「Dusky-Vision」によく似ています。つまり、ビジュアルとスタイルは類似していますが、違いは歌詞にあります!)

 

DEVILOOF // False Self (MV)

 

 

結論

レビューを始める前に、「いまいましい人に希望はありますか?」という質問をしましたが、今ではその質問にはっきりと「はい!」と答える準備ができています。
一見、「DAMNED」は「Devil’s Proof」や「鬼」、さらにはその前の「DYSTOPIA」のような「良い」DEVILOOF リリースのようには見えないかもしれません。 しかし、「DAMNED」には、あなたが思っている以上に多くのことがあります。

メッセージは主に歌詞にあり、常に最も効率的な方法で伝えられるとは限りません (特に「The Blackened Sun」では、佳祐が歌っているようには聞こえません)。 「Terpsichore」が含まれていることは、タイトルの定義と、もともとこのトラックのためにボーカルが計画されていたように聞こえるという事実の両方で、少し奇妙に思えます。これらはどちらも、ほとんどのリスナーにとって「ブレーク」ポイントを引き起こします。実際、私たちが最初に聞いたときも、根底にあるテーマのいずれにも気付きませんでした。 佳祐さんが英語で歌うときの訛りと関係がありますか? 多分。 私たちもよくわかりません。

「DAMNED」をすでに聴いていて、DEVILOOF のメジャー デビュー リリースとして完全に失敗したという結論に達した場合は、今日のレビューを読んだ後、もう一度チャンスを与えることをお勧めします。
私たちが言ったように、あなたが見逃したかもしれない多くの要素があり、グループとして DEVILOOF はリリースごとに成長し、進化しているからです。「DAMNED」は彼らにとって正しい方向性ですか? 「ノー」と言いたくなるが、それは主にアルバム全体のボーカルパフォーマンスによるものだ。これらの「問題」を引き起こした時間的制約があったかどうかは わかりません。 しかし、この EP をもう一度聴いていただくように促すことができたことを願っています。 今回は何か新しいことが聞けるかも!

 

フォローDEVILOOF

DEVILOOF


桂佑
(Keisuke)
🎂 12/30

Ray

🎂 04/17

愛朔
(Aisaku)
🎂 11/20

太輝
(Daiki)
🎂 03/06

幹太
(Kanta)
🎂 01/24

 

リリース情報

DAMNED (First edition)

01. Damn
02. The Blackened Sun
03. Afterlife
04. Terpsichore
05. False Self

DVD:
01. DYSTOPIA RETURNS OFF SHOT MOVIE
02. Damn (MV)
03. Damn (Making video)
04. False Self (MV)
05. False Self (Making video)
DAMNED (Regular edition)

01. Damn
02. The Blackened Sun
03. Afterlife
04. Terpsichore
05. False Self

 

雪(ゆき)は、Arlequin Magazine & Photographyの所有者であり原動力です。
彼女は2009年にArlequin Photographyの写真家としてスタートしましたが、ジャーナリズム、翻訳、舞台裏の仕事への関心が高まっているため、プロジェクトは2021年に、Arlequin Magazineの追加によって拡大しました。

雪(ゆき)はオランダ語を母国語とし。MagazineとPhotographyの両方の英語とオランダ語のセクションを維持し、オリジナルのコンテンツ、翻訳、写真、および両方のWebサイトの舞台裏のすべての作業を行っています。
彼女はオランダ語、英語、日本語、ドイツ語を話します。

コメントを残す