Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ

Rides In ReVellionは、2015年にすでに私たちファンと音楽を共有し始めているため、ヴィジュアル系シーンではまったく新しい名前ではありません。その後、少しラインナップが変わりましたが、現在はヴォーカルの黎 、ギタリストのタジとツバキ、ベーシストの渚の4人組バンドです。

このグループは現在、Rides In ReVellion として 8 年目を迎えており、今年は国際的な Twitter アカウントでのビデオ メッセージから始まりました。このビデオで、彼らはこのアカウントをさらに使用して、ファンに英語で情報を提供したいと発表しました。

このメッセージは、彼らにインタビューを依頼するだけでなく、彼らの作品を世界中の聴衆に紹介するのに十分な理由でした。そしておそらく、以前にバンドに出くわしたが、何年にもわたって彼らの作品から離れていった人々の記憶をリフレッシュするでしょう。
では、Rides In ReVellionは今後どのような計画を立てているのでしょうか?

調べてみましょう!

 

ボーカル黎
質問を始める前に、インタビューのリクエストを受け入れていただきありがとうございます。もちろん、私たちは皆、あなたが誰で、なぜ私たちがここにいるのかを知っていますが、読者が今日の質問に誰が答えているかを知るために、もう一度自己紹介をお願いできますか?
黎: ボーカルの黎です。よろしくお願いします!
TaJI: ギターのTaJIです。ヨーロッパの皆様こんにちわ!
椿: ギターしてます椿です。
渚: ベースの渚です。ドイツのビールが飲みたいです!

前回のインタビュー(Zeke Deuxとのインタビュー)では、最初の質問ですでに笑っていたので、ここでもそのテーマを感じます。では、そのインタビューと同じように、バンドのコンセプトをご自身の言葉で説明していただけますか? このようにして、読者はあなたの音楽がどのように聞こえるかを知ることができます。
黎: 現代的でソリッドなビートと心の琴線に触れる美しいメロディで情熱的なライブを繰り広げるバンドです!

 

はじめに戻る

情熱的なコンセプトの次に、かなり情熱的な名前を選択しましたよね? 「Rides In ReVellion」の裏話を教えていただけますか?
TaJI: 革命を起こすと言う意味のRise In Rebellionという言葉にヴィジュアル系のシーンの中でという意味でb⇨vに変えその波に乗ってきてほしいという想いを込めてRise⇨Ridesにし、Rides In ReVellionというバンド名にしました。

「波に乗る」といえば、新曲「FALLING STAR」に飛び込みましょう。あなたは本当にこの作品で波に乗っている。この曲で伝えたいストーリーを教えていただけますか?
黎: 8年目を迎えた今、原点に戻りこのバンドを始めた時の想いを曲にしようとした時にTaJIとの出会いから始まって渚、椿と出会い今のRides In ReVellionがあると言う歴史を歌詞に込めました。

この曲のもうひとつの特徴は、ツインボーカルであること。だから黎だけじゃなくてTaJIも歌ってる。TaJIさんの歌声を聴くのはこれが初めてではありません。昨年、あなたはツインボーカルスタイルのAdoの「うっせえわ」のカバーをすでにリリースしていました。しかし、その後のシングルではセカンド・ヴォーカリストはいなかった。「FALLING STAR」はもともとツインボーカルの予定だったのですか、それとも後から決めたのですか?
TaJI: 最初から予定していました!この質問で触れているAdoの「うっせえわ」をツインボーカルでカバーした時、ファンや関係者の方からの反応が良くオリジナルの曲でもツインボーカルの曲を作ったらまた新しい化学変化が生まれるのではないかと思い、こうした形になりました。

 

Rides In ReVellion // FALLING STAR (MV)

 
あなたのラインナップがツインボーカルをうまく扱えることを明らかにしましたが、このスタイルをより頻繁に使用すると思いますか? 今後の作品で黎とTaJIのダイナミクスがさらに見られるでしょうか?
黎: 今までの作品とはまた違った個性が出たと思います。今後ももしかしたらツインボーカルの曲が生まれるかも。
渚: いつか僕も歌いたい!
一同: 爆笑

ここで何かに取り組んでいるようですね…しかし、カバー曲の話題に少し戻りましょう。これらは、パンデミックにより世界が封鎖されたときに非常に人気がありましたが、現在、ほとんどのミュージシャンは独自の作品に戻っています。ただし、あなたの YouTube チャンネルは定期的に新しいカバーをアップロードしています。普段の作品に加えてカバー曲をやるのはどんな感じですか?また、今後の予定は? もっと期待できますか?
椿: カバーを続けるのはとても大変ですが、色んなアーティストの曲をカバーにするにあたり発見もあったりするし、そこから僕達を知ってもらえる窓口になればいいと思うのでこれからも続けていきます。洋楽のカバーはした事ないので今後機会があればしてみたいですね。

 

つながりを強める

ギターTaJI
洋楽の話だったので、少し話題を変えます。 ウエスタンファンに変えてみます。しかし実際には、日本語を話さないすべてのファンのことを指しています。ある時点で、あなたのファンが日本だけに限定されていないことに気付いたはずですが、あなたの音楽が母国の国境を越えて広がっていることを知ってどう思いますか?
TaJI: 2016年にアメリカでライブを行った時に国や人種を越えて自分たちの音楽で沢山の人が盛り上がっている姿を見て感動しました。
また海外でもライブを行いたいです!

外国のファンに彼らの言葉をオンラインで見たことを示す 1 つの方法は、海外の Twitter アカウントをもう一度更新することです。 しかし、このアカウントを何で更新するつもりですか?
黎: 海外のファンの方が見ても分かりやすいように英語でライブの様子や作品などを世界に届けていけるようEnglish accountの運用を続けていきます!

2016年のアメリカでの海外公演についてはすでに言及されていましたね。パンデミックによる移動の自由や渡航制限という(大きな)問題にもかかわらず、今、世界は(ほとんど)再び開かれています。また海外に行くこともできますが、もし行くとしたらどこでライブをしたいですか?
渚: 特にどこに行きたいはないですが、もし多くの人が求めてくれている国があるとすればそこで情熱的なライブを見せたいです!

これは、次の質問の非常に興味深いトピックです。これは、私が個人的に頻繁に耳にする話題です: 自国でライブショーを待っている人がたくさんいることをどのように示すことができますか?
TaJI: ヨーロッパはパンクやメタルが盛んなイメージがあります。そのような方々がどのようにして日本のヴィジュアル系を知るのか気になります。
SNSを通じて(YouTubeのコメント、Twitterのリプライなど)自分の国や地域などを自分達に向けて発信してもらえるともっと伝わると思います。
ライブを開催するのに十分なファンがいる事を示してもらうには、署名などを募ってこれだけの数の人が待っていると言う事をアーティストに伝えてみるのもいいかもしれません。

ギター椿
とても興味深い情報です!これは多くの人が持っていた疑問に答えていると思います。しかし、多くの人が持っている別の質問は、商品に関連しています。海外からCDやグッズを購入してバンドを応援する方法はありますか?
渚: オンライストアでは以前も海外発送を対応していたのですがパンデミックにより、発送できない地域が出てきたため、今は休止しています。
落ち着いたらまた再開したいです。
TaJI: もし海外での需要が高まれば海外に向けたファンクラブを作る事も検討しています。

インタビューの最後のいくつかの質問から始めようとしているので、ここでの質問もより予測しやすくなります。それでは、この最後のいくつかの質問を非常に予測可能な「将来の計画について何か教えていただけますか」から始めましょう。
黎: 3月にワンマンライブがあり、そこでRides In ReVellion史上もっとも大事な発表があります。
また、ワンマンツアーも考えているので日本各地のどこかで会えるといいですね。

 

別れの言葉

通常、私はインタビューの最後の質問でこの質問をフォローアップしますが、ここで一度だけあなたにトリックをかけるように役割を変えることを要求したいと思います。国際的かどうかに関係なく、ファンに尋ねたい質問はありますか?
TaJI: どうすれば海外でもっとRides In ReVellionの人気が出ると思いますか?

ベース渚
これ以上のトリックはありません、約束します。これは、インタビューを締めくくる実際の最後の質問です。インタビューを読んでくれた皆さんに伝えたいメッセージはありますか?
黎: インタビュー読んでくれてありがとうございます。これからも素晴らしい音楽を皆様のもとへ届けますので応援してくれると嬉しいです。
TaJI: これからも海を越えた関係ですが愛を届け合いましょう。
椿: 旅行がてらヨーロッパツアーしたいです。まっててね。
渚: 僕もいつか歌いたいなあ。
一同: HA HA HA

 
ご覧のとおり、黎、TaJI、椿と渚 、自分たちの作品を海外の視聴者に公開することに非常に熱心であり、そのための1つの方法は、国際的な Twitter アカウントを復活させることです。そして、需要が十分に高い場合、彼らは国際的なファンクラブも検討します。

それまでは、Apple MusicSpotify などのストリーミング サービス、または日本国外に住んでいるが実際のCDやDVDが必要な場合はCDJapanを通じて聴くことで、彼らの作品をサポートできます。残念ながら、Rides in ReVellionのウェブショップは現在、渚がインタビューで述べたように、国際注文を処理することができませんが、将来的にはこの機能を再開したいと考えています。

しかし、わたしたちは皆様にも質問があります。Rides In ReVellionについてどう思われますか?彼らの作品はすでに知っていましたか、それとも初めて知りましたか?
ご意見をお待ちしております。😉

 

Rides In ReVellionをフォロー

Rides In ReVellion



(KuRo)
🎂 05/27

TaJI

🎂 12/19

椿
(Tsubaki)
🎂 12/18


(Nagisa)
🎂 11/12

 

雪(ゆき)は、Arlequin Magazine & Photographyの所有者であり原動力です。
彼女は2009年にArlequin Photographyの写真家としてスタートしましたが、ジャーナリズム、翻訳、舞台裏の仕事への関心が高まっているため、プロジェクトは2021年に、Arlequin Magazineの追加によって拡大しました。

雪(ゆき)はオランダ語を母国語とし。MagazineとPhotographyの両方の英語とオランダ語のセクションを維持し、オリジナルのコンテンツ、翻訳、写真、および両方のWebサイトの舞台裏のすべての作業を行っています。
彼女はオランダ語、英語、日本語、ドイツ語を話します。

「Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ」への1件の返信

コメントを残す