Rumbless. // 名刺としての「大惨事」

今回はRumbless.のボーカルRoku、ギターTakaki、ベーシストSin、ドラマーTvaの4人にお話を伺いました。Rumbless.はメタルとJ-POP、ヴィジュアル系の要素を融合させ、独自のシグネチャーサウンドを生み出す。そして、彼らはまだリリースが 2 つしかない比較的若いバンドですが、現在のパンデミックによって大きな打撃を受けています。彼らも、当初考えていたようなライブ ショーを行うのではなく、家で立ち往生しています。

これは、グループにいくつか質問をする正当な理由です。では、始めましょう。

 

はじめましょう!

ほとんどの読者はあなたのプロジェクトについてまだ聞いていないと思いますので、自己紹介と Rumbless. について教えてください。
Roku: ボーカルのRokuです。退廃と叙情をキーワードに掲げ、活動しています。楽曲的にはメタルコアを基軸に、古き良きV系やjpopの要素を交えて、幅広いアプローチを行なっています。
Sin: ベースのSinです。よろしくお願いします。
Takaki: ギターのTakakiです。この記事をみてくれてありがとう。ちょっとの間お付き合いください。
Tva: ドラムのTvaです!ラーメン大好き!!

その名も「Rumbless.」はバンド名の興味深い選択です。名前の由来について聞いてもいいですか?
Roku: Rumble+bless、の造語です。我々の楽曲が世界中の人々に届くよう願いを込めています。

私が言ったように、このインタビューを読んでいるほとんどの人はおそらく「Rumbless.」という名前やあなたが作る音楽を聞いたことがないでしょう。それで、あなたの音楽だけで彼らに自己紹介しなければならないとしたら、どの曲を聞くように伝えますか?
Roku: Rumbless.は幅広い楽曲を打ち出していますが…強いて一曲を挙げるとするならば『catastrophe.』は名刺代わりの一曲です。
Sin: 「catastrophe.です!こちらはRumbless.で最初の作品です。Recording/Mixing/MasteringにはЯyo Trackmakerさん(ex.girugamesh)に手掛けていただき、素晴らしいサウンドに仕上げていただいております。Music Videoにもこだわりました。本作にはボクたちの表現したかったサウンド、ヴィジュアルが詰まっています。
Takaki: まず「catastrophe.」かな。全曲違う良さを持ってるから、まず1曲聞いて興味を持ったら他の曲も聞いてみてほしいです。

 

「φ -phi-」と「Σ-sigma-」:メタル、J-POP、ヴィジュアル系の融合

2019年9月にファーストEP「φ -phi-」をリリース。そして、このリリースについて今までにいくつかのフィードバックがあったと確信しています。このフィードバックはどのようなものでしたか? あなたのリスナーは、あなたが望んでいた方法でそれを受け取りましたか?
Takaki: 海外から評価してもらうことがとても多くて、驚きました。国内ではまだまだ「期待通り」と言えるほどアピールできてないので、たくさんの人の手にとってもらうためにも早くライブとツアーをしたいです。

2020年1月にこのEPに続いて、今回は「Σ-sigma-」というタイトルの別のEPがリリースされました。今回のリリースについても教えていただけますか?
Roku: 始動時にリリースした、空集合である『φ -phi-』から、より広がりや肉付けをさせていく意識から『Σ -sigma-』と名付けました。始動前からこのプランで製作を行なっていたので、この二作は二部作という位置付けで自分達の中では捉えています。
Takaki: 前作の『φ -phi-』と合わせて、Rumbless.の第一フェーズを表す作品です。始動当初、このバンドでやりたかったことをやりきるのにEP2枚分かけました。

Rumbless.の1st EP「φ -phi-」のカバーアート

この質問は少し標準的なものかもしれませんが、ミュージシャンとしてのあなたの音楽への愛は、どこかで始まる必要があります。 バンドを始めようと思ったきっかけは何ですか?
Roku: 音楽は幼い頃から好きで常に身近にありました。歌う楽しみを知った頃、たまたまdir en greyさんを聴いて、シャウトというものに触れて衝撃が走り…ボーカルにのめり込みました。
Sin: 学生の頃ヴィジュアル系に惹かれ、いつしかヴィジュアル系に憧れるようになりました。
同じ夢を持つ共通の知人とバンドを組むきっかけがあり、簡単だからという理由でベースを勧められそこからベースを弾くようになりました。(しかし、実際にベースを始めて見ると簡単ではありませんでした…(笑))
Takaki: とある映画のワンシーンで主人公が楽器をもっていて、それに感化されました。
Tva: 始めるきっかけは中学3年生の時に、当時大好きなMEGADETHを弾きたくてベースを買ったことがきっかけです。ドラムはベースのスケールを覚えるのがめんどくさくなったのと、叩けば音が出るし楽しそうだったので、大学生から初めました。

Rumbless.はメタルと J-Pop を組み合わせたサウンドですが、ビジュアル面ではヴィジュアル系の影響が非常に顕著です。でも、例えばJ-popではなく、なぜこれを選んだのですか?
Roku: ありのままの姿で行う日常生活に寄り添った音楽、というものも勿論素晴らしいのですが…自分が特に憧れてきたバンドは、非日常で様々な世界観を纏いった、色んな感覚や感情を湧き出させてくれたものでした。それを踏まえて発信する身となり…必然的にヴィジュアル系となりました。

もちろん、誰もが自分の好みのファッションを持っていますが、特にヴィジュアル系のジャンルでは、バンドのルックスは少なくともサウンドと同じくらい重要です。しかし、すべてのメンバーは、バンド内で独自の個性とスタイルを持っています。 Rumbless.の衣装のデザイン フェーズはどのように機能するのか教えていただけますか?
Roku: 全体的な雰囲気、方向性のコンセプトは俺が決めさせてもらいましたが、そこから個人の詳細の希望を出し合って話し合い、それぞれに相応しいものを被らないように選定していきました。
Takaki: メンバーみんな、音楽を作るときとは違ったこだわりを見せてて面白かったです。

 

世界中で「Stay Home」

ご存知のように、私はヨーロッパに拠点を置いています。日本では、こうして私はそのシーンの「海外ファン」になります。多くの海外ファンは、好きなアーティストのショーを観に来日することができず、ライブを見るために自国に来るアーティストに大きく依存しています。Rumbless.は海外でプレーする夢を持っていますか? 特に遊んでみたい場所はありますか?
Roku: 世界中にヴィジュアル系が好きなリスナーがいることは知っています。出来るのならどこでもやりたいですが、個人的には特にヨーロッパや、台湾等です。
Sin: Rumbless.を求めてくれる国があれば、ぜひ行ってみたい、トライしてみたいです!海外にトライすることは個人的には勇気がいるので、お誘いお待ちしております!(笑)
Takaki: 行ったことのない場所は全て行きたいです。プロモーターさん、Rumbless.をあなたの国へ誘ってください。
プロモーターでない方々、Rumbless.を広めて、プロモーターさんに紹介してください。

それは今私たちが話すことができる最も幸せなトピックではありませんが、コロナウイルスはこの時期にミュージシャンになることを非常に困難にしています。多くのアーティストが、私たちが慣れ親しんでいる対面ではなく、オンラインでの活動に移行しています。 生配信やオンライン公演なども行う予定はありますか?
Tva: 現状予定は無いですが、検討中です。ライブに限らずオンラインで何かやりたいなと思っています!

Rumbless.のセカンドEP『Σ-sigma-』のカバーアート

パンデミックのもう 1 つの結果は、私たち全員が家にいて、時間を過ごすために自分自身を楽しませる他の方法を見つけなければならないことです。もちろん、それにはあなたも含まれます! Rumbless.は今家で何をしているの? たぶん、あなたがしていることと同じことを誰かに試してもらうことができます!
Sin: 在宅で出来るリフレッシュ方法に気を使っています。ボクの場合は入浴剤を何パターンか用意し、その日の気分に合わせて入浴剤を選びお風呂でリラックスすることです。(まるで気分は温泉です!(笑)
Takaki: コロナウイルスは早く終息するべきですが、在宅が続く今の状況は自分や日常を見つめ直すいい機会だと思っています。これを機に普段やりたいけどできていなかったことに手を出してみたら、日常がよりよくなるのかなと。僕は音楽について新しいことを勉強していて、それがとても新鮮で楽しいです。
Tva: ひたすらガンダムのプラモデルを作ることですね。精神が研ぎ澄まされます。

この困難な時期に、人々はRumbless.としてあなたをどのようにサポートしてくれますか?直接会って何もできないので、ライブショーは検討されていませんが、人々があなたと有益な方法で交流できる他の方法はありますか?
Takaki: たくさん曲を聞いて、たくさん感想を伝えてください。
Tva: ライブで皆と会うことは出来ないけれど、楽曲通して皆の生活の一部に楽しみを添えられたらと願っています。
音源を持っていない方でもサブスクやYouTubeでも公開しているので、ぜひ聴いてください!

 

今後の計画

私たちは明らかに前を向いて未来を考えなければなりません。 しかし、それは私たちが夢を見ることができないという意味ではありません。 あなたたちは何を夢見ていますか?
Roku: ワンマンがしたいです。あとは事態が早く終息してツアーに出たい。そしてメンバー達と観光地巡りがしたい笑
Sin: ワンマン全国ツアー廻りたいです!(ゆくゆくは海外)ボク個人としては、これから先も楽しんで音楽をプレイしていきたいな。
Takaki: 国内外問わず飛び回れる、何万人に求められるバンドになりたいです。
Tva: Rumbless.としては今ある曲をさらに多くの人に聞いてほしいこと。個人としてはドラムの腕をさらに上達させてライブの安定感をさらに上げること。

近い将来の夢は何ですか? おそらく、皆さんはすでに新しいリリースを計画していますか? そして、人々はあなたの現在のリリースをどこで見つけることができますか?
Takaki: YouTubeはもちろん、Apple MusicやSpotifyなどの代表的なストリーミングサービスで聞くことができます。
僕たちはTwitter、Instagram、YouTubeにいるから、曲を聞いたら感想くださいね。
Tva: 常日頃製作は行なっているので、年内にまた何かしらのリリースは予定しています!

この最後の質問を除いて、私の質問リストはこれで終わりだと思います…この質問はもうお分かりだと思いますが、このインタビューを読んでくださった皆さんにメッセージはありますか?
Roku: 生きて逢いましょう!とにかく今はそれに尽きる。
Sin: ボクたちが海外に行った際、もしくはあなたが日本に来る機会があったらぜひライブに遊びに来てくださいね!これからもRumbless.は情熱を持って活動していきますので、引き続き応援よろしくお願いします!!
Takaki: 読んでくれてありがとう。この記事の掲載時期はまだコロナ禍の真っ只中だと思うので、まず体に気をつけてください。Rumbless.の曲はいろいろな気持ちに寄り添えると思うので、あなたの日常のお供にしてくれれば嬉しいです。
頑張るのでよろしくね。
Tva: 最後まで読んでくれてありがとうございます。今世界的にコロナウィルスで大変なことになっているけれど
私たちの音楽が気分が沈んだ時や、在宅での暇つぶしやなんでもいいその人に聞いてもらって良かったなと思えるきっかけになってくれれば私は幸せです。好きな音楽を聴いて、気持ちを落とさず乗り越えて行きましょう!

 

追加情報

彼らの音楽的名刺はインタビューですでに述べたように、Rumbless.として表現したいサウンドとビジュアルの両方を組み合わせた曲「catastrophe.」です。彼らの作品に対するフィードバックのほとんどが日本ではなく海外からのものであると聞いて、私は非常に驚きました。それでも、彼らの音楽は Apple Music と Spotify の両方にあるので、世界中どこでも聴くことができます。 もちろん、Instagram や Twitter からバンドにフィードバックを送信することもできます。

 

フォローRumbless.

Rumbless.

Roku
🎂 08/08

Takaki
🎂 03/01


Sin
🎂 02/13

Tva
🎂 07/15

 

雪(ゆき)は、Arlequin Magazine & Photographyの所有者であり原動力です。
彼女は2009年にArlequin Photographyの写真家としてスタートしましたが、ジャーナリズム、翻訳、舞台裏の仕事への関心が高まっているため、プロジェクトは2021年に、Arlequin Magazineの追加によって拡大しました。

雪(ゆき)はオランダ語を母国語とし。MagazineとPhotographyの両方の英語とオランダ語のセクションを維持し、オリジナルのコンテンツ、翻訳、写真、および両方のWebサイトの舞台裏のすべての作業を行っています。
彼女はオランダ語、英語、日本語、ドイツ語を話します。

コメントを残す