Rides In ReVellion // ニューシングル「夜明け最前線」とONEMANツア

Rides In ReVellionはGORILLA HALL OSAKAでの8周年ワンマンライブ『∞-infinity-』を終えたばかりで、すでにニューシングル『夜明け最前線』とワンマンツアー『DAYBREAK FRONTLINE』の開催も発表されている。

ニューシングル「夜明け最前線」は2023年9月12日にリリースされる。
タイトル以外の詳細はまだ発表されていませんが、さらなる情報が明らかになり次第、この記事を更新します。

 

ONEMANツア『DAYBREAK FRONTLINE』

ワンマンツアーは9月16日心斎橋SOMAを皮切りに、12月23日OSAKA

さらに表示 Rides In ReVellion // ニューシングル「夜明け最前線」とONEMANツア

Versailles // ニューシングル「VOGUE」発表

Versailles がニューシングル「VOGUE」を 2023 年 6 月 21 日にリリースすることが発表されました!

「VOGUE」はグループにとって11年ぶりのリリースとなり、3つの異なるタイプでリリースされます。
初回限定盤Aには、2曲とそのインストゥルメンタルを収録したCDと、『VOGUE』のミュージックビデオとメイキング映像を収録したDVDが封入される。
初回限定盤BにはCDに加え、2017年2月Barcelona Salamandraでのライヴ映像を収録したライヴCDが付属。
通常盤はCDのみの封入となります。

さらに表示 Versailles // ニューシングル「VOGUE」発表

Ash Berry // ニューデジタルシングル「ソングレター」発表

Ash Berryは、2023年5月1日に2番目のデジタル シングル「ソングレター」をリリースすることを発表しました。

「日頃より応援頂いているファンの方々へ改めて感謝を綴ったレターソング。
コロナ禍で思うように活動が出来ない状況でも配信等を通し応援して頂いたり、その後、情勢が厳しい中も自分達の音楽を求めてもらえる気持ちに改めて「ファンへの手紙」を作品に。

疾走感ある爽やかなバンドサウンドにVo.Kensaku Kishidaのありのままの熱いメッセージを乗せる。」

Ash Berry // ソングレター(プレビュー)

さらに表示 Ash Berry // ニューデジタルシングル「ソングレター」発表

葉月 // 蓮の鏡で見る夢の世界

葉月は主に自身のバンドlynch.でロックとメタルの境界をなすダークなスタイルで知られるが、彼のソロ作品はシンフォニックなスタイルで全く異なるアプローチをとっている。 そして葉月は、これらのソロ作品で、彼が「lynch.」で示した演劇の一部を取り、これらのソロ作品のビジュアル スタイルを異なるレベルの演劇に効果的にもたらします。

新しいシングル「蓮華鏡」は彼の最初のリリースではありませんが、執筆時点では最新のリリースです。このシングルは「睡蓮」「CRYSTALIZE」「ALLIVE」の3曲で構成されています。

さらに表示 葉月 // 蓮の鏡で見る夢の世界

Rides In ReVellion // ニューシングル&ニューメンバー

黎、TaJI、椿、渚は最近のインタビューで「Rides In ReVellion の歴史の中で最も重要な発表」をすると言っていましたが、それは本当に大きな発表でした!

 

MORE THAN WORDS(モアザンワーズ)と志雄

バンドはニューシングル「MORE THAN WORDS」(モアザンワーズ)をリリースするだけでなく、ドラマーもラインナップに迎えました!
そのドラマーは、ライブでかなり前からサポートドラムを担当している志雄さん。

新しいシングルはすでにストリーミング可能で、サービスの完全なリストはここにありますが、YouTube

さらに表示 Rides In ReVellion // ニューシングル&ニューメンバー

Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ

Rides In ReVellionは、2015年にすでに私たちファンと音楽を共有し始めているため、ヴィジュアル系シーンではまったく新しい名前ではありません。その後、少しラインナップが変わりましたが、現在はヴォーカルの黎 、ギタリストのタジとツバキ、ベーシストの渚の4人組バンドです。

このグループは現在、Rides In ReVellion として 8 年目を迎えており、今年は国際的な Twitter アカウントでのビデオ メッセージから始まりました。このビデオで、彼らはこのアカウントをさらに使用して、ファンに英語で情報を提供したいと発表しました。

さらに表示 Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ

3470.mon // 「ヴィジュアル系は逆だよねって思って俺はヴィジュアル系を始めた」

本記事は通常とは異なった形で行なわれていますので、本題に入る前に少しその内容を紹介させていただきます。以下のインタビューはアルルカン・マガジンではなく2021年8月下旬にオザキケイト氏によって行なわれました。

オザキケイト氏は日本の東京に拠点を置くライターです。彼はミュージシャンや彼らのショーについて多くの記事を書いており、またかなりの数のインタビューも行なっています。

彼の許可を得て、今日、私たちは彼のオリジナル・インタビューである日本語版とその英語版をアルルカン・マガジンで共有しています。おそらく皆様がご存じの通り、このインタビューで特集するアーティストは

さらに表示 3470.mon // 「ヴィジュアル系は逆だよねって思って俺はヴィジュアル系を始めた」

DaizyStripper // ギタリストまゆ、自身のブランド”Mr. SunFace”を設立

DaizyStripperを知っている人は、恐らくリードギターであるまゆについてもご存知かもしれませんね。しかし今現在彼がバンドとは程遠いプロジェクトを手掛けていることはご存知でしょうか?なんと彼は自身のブランドMr.SunFaceを起ち上げたのです!

コレクション第一弾として、トレーナー3点とTシャツ1点が2020年11月22日に販売開始となりますが、このコレクションに関しての彼の考えやインスピレーションとは?また彼はなぜ自身のブランド設立に至ったのでしょうか?これらの質問をインタビュー形式でまゆに直接ぶつけてみると同時に、もう少し深く掘り下げて聞いてみました。

さらに表示 DaizyStripper // ギタリストまゆ、自身のブランド”Mr. SunFace”を設立

Rumbless. // 名刺としての「大惨事」

今回はRumbless.のボーカルRoku、ギターTakaki、ベーシストSin、ドラマーTvaの4人にお話を伺いました。Rumbless.はメタルとJ-POP、ヴィジュアル系の要素を融合させ、独自のシグネチャーサウンドを生み出す。そして、彼らはまだリリースが 2 つしかない比較的若いバンドですが、現在のパンデミックによって大きな打撃を受けています。彼らも、当初考えていたようなライブ ショーを行うのではなく、家で立ち往生しています。

これは、グループにいくつか質問をする正当な理由です。では、始めましょう。

さらに表示 Rumbless. // 名刺としての「大惨事」

VII ARC // “TWILIGHT AFTER THE RAIN” Tour 2020 (support)でSpecial Edition

VII ARCはPopcentraleでG.L.A.M.Sと共演する予定だったが、政府の規制に従ってショーがキャンセルされ、G.L.A.M.Sがスペシャル・エディションで新たなステージを見つけたため、VII ARCも彼らに同行することになった。

そしてまた、G.L.A.M.Sと同じように、実際にはアコースティックな演奏を好まないバンドであるにもかかわらず、ステージが小さくなったことで、彼らもセットリストをアコースティックなものに変更した。 (あるいは彼らはそう主張している。)

今回の公演のセットリストは以下の通りでした。

さらに表示 VII ARC // “TWILIGHT AFTER THE RAIN” Tour 2020 (support)でSpecial Edition