DEXCORE // Savior: ジキルとハイドが出会う場所

Vレビューへようこそ。 私の名前はVです。
そして、この最初の最初のミュージック ビデオ レビューでは、DEXCOREというバンドの素晴らしい「Savior」トラックを取り上げます。

 
彼らがどのようなグループであるかを知らない人のために、初めに背景情報をここで少し説明します。 彼らは日本の名古屋出身のビジュアル系、メタルコアバンドです。
バンドは元DEATHGAZEのドラマー直樹の尽力により2016年にスタート。それ以来、直樹自身の脱退を含め、長年にわたって多くのラインナップの変更がありました。 それでも彼らはあらゆる困難を乗り越え、元気に戻ってきて、私たちに新しい音楽をもたらしてくれました。

さらに表示 DEXCORE // Savior: ジキルとハイドが出会う場所

JILUKA // アニメウィーク アトランタで米国デビュー

JILUKAは最近のインタビューですでに海外公演の可能性について少しほのめかしていましたが、その時点では示唆的なヒント以上のことは明らかにできませんでした。

そのヒントは、2023 年 10 月 26 日から 29 日までジョージア州のアニメ ウィークエンド アトランタ (AWA) でのパフォーマンスという形でのアメリカ デビューであることが判明しました。

 

アニメウィーク アトランタ

現時点ではあまり情報が発表されていないため、残念ながらどの日に公演が行われるのか、またイベント中に複数の公演が行われるのかは特定できません。

さらに表示 JILUKA // アニメウィーク アトランタで米国デビュー

DEVILOOF // Latin America Tour 2024を発表

DEVILOOFは少し前に公式Twitterアカウントでいくつかのヒントを落としていましたが、このたび正式に発表されました!バンドは2024年5月下旬から6月上旬にかけてメキシコ、チリ、ブラジルを訪問する予定だ。

現時点では、次の3つの日付のみが発表されています。
5月25日:メキシコ、CDMX
5月31日:チリ、サンティアゴ
6月2日:ブラジル、サンパウロ

詳細については、R.I.T (Right In Time)が提供する次のリンクからご覧ください。

 

フォローDEVILOOF

 

さらに表示 DEVILOOF // Latin America Tour 2024を発表

DEVILOOF // DAMNED: のろわれた者に希望はありますか?

DEVILOOFは昨年、新作EP「DAMNED」のリリースを発表したが、今回は単なる新作ではない。このEPは彼らのメジャーデビュー作でもあり、レーベルTokuma Japan Communicationsより制作された。
当初のリリース日は 3 月 1 日に予定されていましたが、ボーカリストの 佳祐の喉と声の不快感が続いたため、4 月 19 日に延期されました。しかし、グループは2 月 10 日に「Damn」のミュージック ビデオの小さなプレビューを予定通りリリースしました。これにより、当時の完全なリリースを明らかにすることなく、小さなプレビューを提供する機会が彼らに与えられました。

さらに表示 DEVILOOF // DAMNED: のろわれた者に希望はありますか?

JILUKA // // 「フェイカーが多すぎる、誰がG.O.A.Tか見せてあげる」

現代のヴィジュアル系シーンに詳しい方なら「JILUKA」という名前を一度は目にしたことがあると思います。 または、Senaさんまたは彼の YouTube チャンネルの写真やビデオを見たことがあるかもしれません。すなわち、皆さんはこのグループの少なくとも何かに触れたことがあるでしょうということです。それは、彼らの曲の 1 つ、外見、ソーシャル メディアかもしれません。

JILUKAはもともと2013年に結成されましたが、活動の一時停止により、ドラマーのZyeanがグループに参加し、シングル「Screamer」がリリースされた2015年まで、バンドは実際に「開始」されませんでした。それ以来、このグループはリリースとライブ

さらに表示 JILUKA // // 「フェイカーが多すぎる、誰がG.O.A.Tか見せてあげる」

摩天楼オペラ // ライブ限定シングル「翠玉のワルツ」発表

今年最後のライブで摩天楼オペラが発表し、その直後にツイッターでもシェアされた。

16th Anniversary Live-翠玉のワルツ-にて会場限定シングルとしてリリースされるニューシングル「翠玉のワルツ」を発表した。2023年5月4日にZepp Hanaedaにて16周年記念ライブを開催。

シングルは会場にて無料配布、お一人様1枚までとさせていただきます。
別日配信、別収録形式での配信の予定はありません。
これにより、このシングルはこれまでで最も限定されたバンドの1つになります。

 

リリース情報

アーティスト:

さらに表示 摩天楼オペラ // ライブ限定シングル「翠玉のワルツ」発表

摩天楼オペラドラム // 響独占インタビュー

私が摩天楼オペラの各メンバーに、バンドやその活動について長々と質問させていただいてからそれほど時間は経っていないのですが、一点どうしても気になることが出てきてしまいました。皆さん響を「摩天楼オペラのドラマー」としてご存知かとは思いますが、実はそれだけではないんです。

響とは一体何者なのか、バンド内での彼のポジションはさることながら、今回のインタビューではもっと掘り下げて聞いていきたいと思います。若いころから音楽を愛し、驚愕な才能を常に発揮し続ける彼。そのYouTubeチャンネルについてすらまだ触れていません。今日はそれらについて話していきましょう。まずは軽く自己紹介から…

さらに表示 摩天楼オペラドラム // 響独占インタビュー

摩天楼オペラ // ロングインタビュー

多くの人はそのバンドの名前を聞いたことがあるとは思いますが、近年その海外での活動は少なくなっており、バンド内でも沢山の動きがあったようです。昨年独立したことに加え、東京の会場での公演に尽力してきたギタリストを失い、現在は私たちと同様にパンデミックの影響を多分に受けています。

今回はボーカルの苑さん、キーボードの彩雨さん、ベースの燿さんそしてドラムの響さんにバンドについて質問させていただき、またメンバー個人の様々なプロジェクト、その他にも色々とお話を聞く機会をいただくことが出来ました。

今回のインタビューを始める前に、彼ら自身に「摩天楼オペラ」というバンドはどんなバンドか聞いてみました。

さらに表示 摩天楼オペラ // ロングインタビュー

Rumbless. // 名刺としての「大惨事」

今回はRumbless.のボーカルRoku、ギターTakaki、ベーシストSin、ドラマーTvaの4人にお話を伺いました。Rumbless.はメタルとJ-POP、ヴィジュアル系の要素を融合させ、独自のシグネチャーサウンドを生み出す。そして、彼らはまだリリースが 2 つしかない比較的若いバンドですが、現在のパンデミックによって大きな打撃を受けています。彼らも、当初考えていたようなライブ ショーを行うのではなく、家で立ち往生しています。

これは、グループにいくつか質問をする正当な理由です。では、始めましょう。

さらに表示 Rumbless. // 名刺としての「大惨事」

NOCTURNAL BLOODLUST // “DEIMOS” European Tour 2016でMTC

NOCTURNAL BLOODLUSTは「DEIMOS」 European Tour 2016の最中、7月21日にケルンのMTCに立ち寄り、午後のほとんどを外で待っていたファンのためにショーを行った。

私たちも彼らのパフォーマンスを見に行って、ついでに写真も撮りました。 これらの写真は、私たちのポートフォリオ、Arlequin Photography でご覧いただけます。

 

 

さらに表示 NOCTURNAL BLOODLUST // “DEIMOS” European Tour 2016でMTC