Pluto // 「心の痛みや、他の人と共有するのが怖い感情を表現できればと思っています。」

前回のインタビューからかなり時間が経ちましたが、今回は少し違う内容で 2024 年のスタートを切りたいと思います。 このインタビューでは、ボーカリストの蒼月 (つずき) とギタリストの螢 (けい) に、彼らのバンド Pluto についていくつか質問しました。これは、私が個人的に彼らが存在する「短い」期間のほとんどを追いかけてきたプロジェクトです。

Plutoは2022 年の中頃から後半にかけて結成され、その直後にファースト シングル「KILL ME SLOW」がリリースされました。
「KILL ME SLOW」は間違いなく彼らの代表曲ですが、これが彼らのこれまでの唯一のリリースではないことは明らかです。(私は狂っているかもしれない、でも私はそこまで狂っていない…ですね?)

さらに表示 Pluto // 「心の痛みや、他の人と共有するのが怖い感情を表現できればと思っています。」

JILUKA // VENΦM: 新たな地獄が見えるだろう

V レビューへようこそ。 私の名前はVです。
そして今回のミュージックビデオレビューでは、JILUKAの素晴らしい最新曲「VENΦM」をカバーします。

このバンドに馴染みのない方のために、簡単な入門書を書いておきます。彼らはヴィジュアル系のバンドで、私が今まで聞いた中で最もユニークなサウンドの 1 つです。それを要約できるのは、彼ら自身の言葉、「エレクトロ× ゴシック ×メタル」、略して EGM だけです。彼らの結成は2013年2月に遡り、それ以来ラインナップに変化があったのはJaiL(ドラムス)のみで、2015年の再始動時にZyeanと交代しました。

さらに表示 JILUKA // VENΦM: 新たな地獄が見えるだろう

Dress Up Town // 「Weeb Rock!!」でAstrant

「Weeb Rock!! Anime and J-Pop Night」の第 1 回目では、Dress Up Town がアニメとビデオ ゲームのカバー ソングでアストラントを震撼させました。 ステージ上のバンドがメインアクトではありますが、会場の外には雨が降りしきる中、テーマに合わせた素晴らしい衣装を着た人たちも多く来場し、温かい雰囲気を醸し出しました。

もちろん私たちも我慢できず、ライブ中に写真を撮りました。

私たちの写真は、写真ポートフォリオ「Arlequin Photography」でご覧いただけます。

 

さらに表示 Dress Up Town // 「Weeb Rock!!」でAstrant

DEXCORE // Savior: ジキルとハイドが出会う場所

Vレビューへようこそ。 私の名前はVです。
そして、この最初の最初のミュージック ビデオ レビューでは、DEXCOREというバンドの素晴らしい「Savior」トラックを取り上げます。

 
彼らがどのようなグループであるかを知らない人のために、初めに背景情報をここで少し説明します。 彼らは日本の名古屋出身のビジュアル系、メタルコアバンドです。
バンドは元DEATHGAZEのドラマー直樹の尽力により2016年にスタート。それ以来、直樹自身の脱退を含め、長年にわたって多くのラインナップの変更がありました。 それでも彼らはあらゆる困難を乗り越え、元気に戻ってきて、私たちに新しい音楽をもたらしてくれました。

さらに表示 DEXCORE // Savior: ジキルとハイドが出会う場所

FATE GEAR // “European Tour 2023″でBaroeg

FATE GEARの「Europen Tour 2023」の2番目の目的地はロッテルダムで、女の子たちはスチームパンクメタルのパフォーマンスでBaroegを揺さぶりました。 彼らは聴衆に、次の2日間に行われるアメルスフォールトとシッタードでの他のオランダ公演に向けて何を用意しているのかについて、良い印象を与えた。

彼らのパフォーマンスのエネルギーでまだ耳が鳴り、スチームパンクのゴーグルが曇っている中、Baroegでの彼らのパフォーマンスから撮った写真をいくつか紹介します。
残念ながら、オランダの他の日程には参加できませんでしたが、少なくともそのうちの

さらに表示 FATE GEAR // “European Tour 2023″でBaroeg

DEVILOOF // DAMNED: のろわれた者に希望はありますか?

DEVILOOFは昨年、新作EP「DAMNED」のリリースを発表したが、今回は単なる新作ではない。このEPは彼らのメジャーデビュー作でもあり、レーベルTokuma Japan Communicationsより制作された。
当初のリリース日は 3 月 1 日に予定されていましたが、ボーカリストの 佳祐の喉と声の不快感が続いたため、4 月 19 日に延期されました。しかし、グループは2 月 10 日に「Damn」のミュージック ビデオの小さなプレビューを予定通りリリースしました。これにより、当時の完全なリリースを明らかにすることなく、小さなプレビューを提供する機会が彼らに与えられました。

さらに表示 DEVILOOF // DAMNED: のろわれた者に希望はありますか?

JILUKA // // 「フェイカーが多すぎる、誰がG.O.A.Tか見せてあげる」

現代のヴィジュアル系シーンに詳しい方なら「JILUKA」という名前を一度は目にしたことがあると思います。 または、Senaさんまたは彼の YouTube チャンネルの写真やビデオを見たことがあるかもしれません。すなわち、皆さんはこのグループの少なくとも何かに触れたことがあるでしょうということです。それは、彼らの曲の 1 つ、外見、ソーシャル メディアかもしれません。

JILUKAはもともと2013年に結成されましたが、活動の一時停止により、ドラマーのZyeanがグループに参加し、シングル「Screamer」がリリースされた2015年まで、バンドは実際に「開始」されませんでした。それ以来、このグループはリリースとライブ

さらに表示 JILUKA // // 「フェイカーが多すぎる、誰がG.O.A.Tか見せてあげる」

葉月 // 蓮の鏡で見る夢の世界

葉月は主に自身のバンドlynch.でロックとメタルの境界をなすダークなスタイルで知られるが、彼のソロ作品はシンフォニックなスタイルで全く異なるアプローチをとっている。 そして葉月は、これらのソロ作品で、彼が「lynch.」で示した演劇の一部を取り、これらのソロ作品のビジュアル スタイルを異なるレベルの演劇に効果的にもたらします。

新しいシングル「蓮華鏡」は彼の最初のリリースではありませんが、執筆時点では最新のリリースです。このシングルは「睡蓮」「CRYSTALIZE」「ALLIVE」の3曲で構成されています。

さらに表示 葉月 // 蓮の鏡で見る夢の世界

Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ

Rides In ReVellionは、2015年にすでに私たちファンと音楽を共有し始めているため、ヴィジュアル系シーンではまったく新しい名前ではありません。その後、少しラインナップが変わりましたが、現在はヴォーカルの黎 、ギタリストのタジとツバキ、ベーシストの渚の4人組バンドです。

このグループは現在、Rides In ReVellion として 8 年目を迎えており、今年は国際的な Twitter アカウントでのビデオ メッセージから始まりました。このビデオで、彼らはこのアカウントをさらに使用して、ファンに英語で情報を提供したいと発表しました。

さらに表示 Rides In ReVellion // 革命の波に乗れ

Zeke Deux // でAki no Matsuri 2022

ヴィンタートゥールを拠点とする毎年恒例のイベント「Aki no Matsuri」のために、Zeke Deux がわざわざ東京からやって来て、イベントの 2 日目 (メイン) にライブ ショーを行いました。

私たちは彼らのパフォーマンスを見るためにはるばるスイスまで行き、もちろん滞在中に写真を撮りました。

これらの写真は、私たちの写真ポートフォリオ「Arlequin Photography」でご覧いただけます。

 


Zeke Deux // Aki no Matsuri 2022

 

さらに表示 Zeke Deux // でAki no Matsuri 2022